株式会社コギト

ただいまホームページリニューアル中です。

法人名
株式会社コギト
住所
180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-26-3鈴木ビル1F
TEL
Email
設立
1994年4月25日
代表
杉浦 維
資本金
1,000万円
従業員数
4名
営業種目
カタログ全般、画集、絵ハガキ、ポスター、パンフレット、チラシ、カレンダー等、印刷物全般にわたる企画・編集・デザイン・制作、イベントの企画・運営、映像物の企画・制作、広告事業
取引銀行
三井住友銀行麻布支店
三菱東京UFJ銀行原宿支店
主要取引先
国立西洋美術館
東京国立近代美術館
国立新美術館
世田谷美術館
東京都庭園美術館
栃木県立美術館
神奈川県立近代美術館
町田市立国際版画美術館
朝日新聞社
読売新聞社
日本経済新聞社
東京新聞
NHK
日本テレビ
株式会社Qvou
サラヤ株式会社
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 他
主な実績

2019年
「松方コレクション 西洋美術全作品 第2巻 彫刻・素描・版画・工芸その他」(平凡社/国立西洋美術館)
「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」(読売新聞東京本社/国立西洋美術館)
「戸出喜信油絵展」(日本橋三越本店特選画廊)
「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(日本経済新聞社/北海道立近代美術館)
「没後90年記念 岸田劉生展」(中日新聞社/名古屋市美術館 他)
-------------------------
のむシリカ会報誌「WATER IN LIFE」Vols.6〜(キューボー)
「のむシリカ」広告・催事プロモーション(キューボー)
「ヤシの実洗剤」広告プロモーション(サラヤ)
「キレートレモン」デジタルコンテンツプロモーション(ポッカ)
「& Rooms」ほか新規オープンプロモーション/販売物制作ディレクション(ソラーレホテル)
化粧品撮影ディレクション(クラシエ、資生堂 他)
食品撮影ディレクション(ギャレットジャパン 他)

2018年
「ガレも愛した 清朝皇帝のガラス」(サントリー美術館)
「モネ それからの100年」(東京新聞/名古屋市美術館 他)
「国立西洋美術館 オランダ絵画・フランドル絵画カタログ」(国立西洋美術館)
「ルーベンス展-バロックの誕生」(TBSテレビ/国立西洋美術館)
-------------------------
のむシリカ会報誌「WATER IN LIFE」Vols.4〜(有限会社キューボー)
「non-no FURISODE GIRL 2018」(株式会社松村)
「おなか畑」広告プロモーション(有限会社キューボー)
「ヤシの実洗剤」広告プロモーション(サラヤ)
「キレートレモン」デジタルコンテンツプロモーション(ポッカ)
「& Rooms」ほか新規オープンプロモーション/販売物制作ディレクション(ソラーレホテル)
化粧品撮影ディレクション(クラシエ、資生堂 他)
食品撮影ディレクション(ギャレットジャパン 他)

2017年
「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(日本経済新聞社/茨城県立近代美術館 他)
「学術シンポジウム 17世紀オランダ美術とアジア」(国立西洋美術館)
「17世紀オランダ美術の東洋表象研究」(国立西洋美術館)
「生誕150年 藤島武二展」(東京新聞/練馬区立美術館 他)
「朝倉 摂 リアルの自覚」(実践女子大学/香雪記念資料館)
-------------------------
のむシリカ会報誌「WATER IN LIFE」Vols.1〜3(有限会社キューボー)
「L.L.Bean 2017 Autumn/Winter: Bean Outsider」(L.L.Bean)
「Kimono Walker」Vol.14(株式会社KADOKAWA)
「ヤシの実洗剤」広告プロモーション(サラヤ)
「キレートレモン」デジタルコンテンツプロモーション(ポッカ)
「雨庵」ほか新規オープンプロモーション/販売物制作ディレクション(ソラーレホテル)
化粧品撮影ディレクション(クラシエ、資生堂)

2016年
「恩地孝四郎展」(東京国立近代美術館 他)
「聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画」(国立西洋美術館)
「生誕170年記念 エミール・ガレ」(サントリー美術館)
「東山魁夷 自然と人、そして町」(日本経済新聞社/九州国立博物館 他)
「Demythifying Japanese Woman Artists 女たちは神話をほどく」(GALLERY NUKAGA)

2015年
「ムルロ工房と20世紀の巨匠たち パリが愛したリトグラフ」(美術館連絡協議会/神奈川県立近代美術館 他)
「マリー・ローランサン」(中日新聞社/金沢21世紀美術館 他)
「香水瓶の世紀」(資生堂アートハウス)
「三島喜美代」(ウイルデンスタイン東京)
「ジョルジョ・モランディ 終わりなき変奏」(東京新聞/東京ステーションギャラリー 他)

2014年
「ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場」(国立西洋美術館)
「非日常からの呼び声」(国立西洋美術館)
「輝きの静と動 ボヘミアン・グラス」(サントリー美術館 他)
「生誕110年 海老原喜之助展」(東京新聞/横須賀美術館 他)
「鬼才の画人 谷中安規展 1930年代の夢と現実」(東京新聞/岩手県立美術館 他)
「工藝を我らに」(資生堂アートハウス)
「ボルドー展——美と陶酔の都へ——」(TBSテレビ/国立西洋美術館 他)

2013年
「もののあはれと日本の美」(サントリー美術館)
「ル・コルビュジエと20世紀美術」(国立西洋美術館)
「ドリンキング・グラス 酒器のある情景」(サントリー美術館)
「印象派を超えて——点描の画家たち」(NHK他/国立新美術館 他)
「ボストン美術館 ミレー展」(中日新聞社/三菱一号館美術館 他)

2012年
「具体——ニッポンの前衛18年の軌跡」(国立新美術館)
「東山魁夷」(日本経済新聞社/北海道立近代美術館 他)
「田中恭吉 ひそめるもの」(玲風書房/和歌山県立近代美術館)
「国立西洋美術館所蔵ヨーロッパの近代美術」(島根県立石見美術館 他)
「森と湖の国 フィンランド・デザイン」(サントリー美術館 他)
「生誕150年記念 クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」(中日新聞社/愛知県美術館)

2011年
「駒井哲朗1920-1976」(東京新聞/世田谷美術館 他)
「香り かぐわしき名宝」(日本経済新聞社/東京芸術大学大学美術館)
「DIC川村記念美術館」(コレクションカタログ)
「あこがれのヴェネチアン・グラス——時を超え、海を越えて」(サントリー美術館)
「版画でつくる 驚異の部屋へようこそ!展」(町田市立国際版画美術館)
「すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙」(美術館連絡協議会/神奈川県立近代美術館 他)
「ユベール・ロベール——時間の庭——」(東京新聞/国立西洋美術館 他)
「セザンヌ——パリとプロヴァンス」(日本経済新聞社/国立新美術館)

2010年
「ルーシー・リー展」(日本経済新聞社/国立新美術館 他)
「鉄を叩く—−多和圭三展」(目黒区美術館 他)
「シャガール——ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜交錯する夢と前衛〜」(朝日新聞社/東京芸術大学大学美術館 他)
「マン・レイ展」(日本経済新聞社/国立新美術館 他)
「日本近代の青春 創作版画の名品」(和歌山県立近代美術館 他)
「没後120年 ゴッホ展」(東京新聞/国立新美術館 他)
「生誕100年 彫刻家 辻晋堂展」(美術館連絡協議会/神奈川県立近代美術館 他)
「麻生三郎展」(東京国立近代美術館 他)

2009年
「戸出喜信 油絵展」(日本橋三越本店本館6階美術特選画廊)
「来往舎現代藝術展6 折元立身パフォーマンスアート・ビデオ展」(慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎ギャラリー)
「ロートレック・コレクション」(東京新聞/Bunkamuraザ・ミュージアム 他)
「ボルゲーゼ美術館展」(NHK 他/京都国立近代美術館 他)
「トリック・アートの世界」(美術館連絡協議会/損保ジャパン東郷青児美術館 他)
「中林忠良 銅版画−すべて腐らないものはない」(町田市立国際版画美術館)
「没後80年 岸田劉生 肖像画をこえて」(日本経済新聞社/損保ジャパン東郷青児美術館)
「荘司 福展 花、大地、山−自然をみつめて」(神奈川県立近代美術館)
「柄澤 齊 彩色版画展 小池真理子『Strawberry Fields』とともに(高島屋)
「ルオーの祈り 絵画と版画」(町田市立国際版画美術館)
「ルーブル美術館展−17世紀ヨーロッパ絵画」(日本テレビ放送網 他/国立西洋美術館 他)
「和田守弘 作品集」(神奈川県民ギャラリー)
「創業100周年記念刊行 川村記念美術館」(DIC株式会社/DIC川村記念美術館)

2008年
「ピラネージ版画展2008−未知なる都市の彼方へ」(町田市立国際版画美術館)
「岡村圭三郎展」(神奈川県立近代美術館)
「岡田謙三展」(ウイルデンスタイン東京)
「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」(日本経済新聞社 他/国立西洋美術館)
「十二の旅 感性と経験のイギリス美術」(栃木県立美術館 他)
「生誕100年 東山魁夷展」(日本経済新聞社/東京国立近代美術館 他)
「ガレとジャポニスム」(サントリー美術館)
「マティスとボナール 地中海の光の中へ」(東京新聞/神奈川県立近代美術館 他)
「誌上のユートピア 近代日本の絵画と美術雑誌1889-1915」(美術館連絡協議会/愛知県美術館 他)

2007年
「プライマリー・フィールド 美術の現在−七つの〈場〉との対話」(神奈川県立近代美術館)
「日本近代文学館創立45周年 近代文学の至宝 永遠のいのちを刻む」(財団法人 日本近代文学館)
「安齊重夫の“私・写・録”1970-2006」(国立新美術館)
「戸出喜信 油絵展」(日本橋三越本店)
「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」(日本経済新聞社/東京国立近代美術館)
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語」(東京新聞 他/Bunkamuraザ・ミュージアム 他)
「『森』としての絵画−『絵』のなかで考える」(中日新聞社 他/岡崎市美術博物館)
「時代と美術の多面体−近代の成立期に光をあてて」(神奈川県立近代美術館)
「ムットーニのからくり書物」(世田谷文学館)

2006年
「ふたつの山 畠山直哉 バルタザール・ブルクハルト」(ふたつの山展実行委員会/東京アートミュージアム)
「山口蓬春 伝統とモダンの融合」(神奈川県立近代美術館)
「飯田善國 版画と彫刻」(町田市立国際版画美術館 他)
「柄澤 齊 彩展 版画、オブジェ、水彩、本 1971-2006」(日本経済新聞社 他/神奈川県立近代美術館 他)
「ポップアート 1960’s→2000’s リキテンスタイン、ウォーホルから最新の若手まで」(美術館連絡協議会/損保ジャパン東郷青児美術館 他)
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」(日本経済新聞社/東京国立博物館 他)
「イギリスの美しい本」(マンゴスティン/千葉市美術館 他)
「吹田文明展」(世田谷美術館 他)
「ニキ・ド・サンファル展」(中日新聞社 他/名古屋市美術館 他)
「江戸の声−黒木文庫でみる音楽と演劇の世界−」(東京大学 駒場博物館)
「村田朋泰 全絵コンテ集 俺の路・東京モンタージュ」(目黒区美術館)

2005年
「金沢健一 響きの庭−目で聴く音、耳で見る形」(慶応義塾大学教養研究センター)
「西 雅秋展 空と大地と記憶の造形」(神奈川県立近代美術館)
「アメリカ現代美術展−ミスミコレクションによる」(美術館連絡協議会/鳥取県立博物館)
「前衛の女性 1950-1975」(栃木県立美術館)
「戦争のあと ベルナール・ビュフェの絵画 1945-1959」(ビュフェ美術館)
「今日の作家X 西村盛雄・松本陽子展」(神奈川県立近代美術館)
「マルチプル・ショー デュシャンからリキテンスタインへ」(町田市立国際版画美術館)
「ジャン=マリー・グラニエ版画展」(ウイルデンスタイン東京)
「ゴッホ展 孤高の画家の原風景」(NHK 他/東京国立近代美術館 他)
「ストーリーテラーズ アートが紡ぐ物語(森美術館)
「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール−光と闇の世界−」(読売新聞社/国立西洋美術館)
「踊るサテュロス」(読売新聞社/東京国立博物館)
「土の手をやすめて−佐藤忠良のスケッチブック」(美術館連絡協議会/北九州市立美術館)
「ハンス・アルプ展」(東京新聞/神奈川県立近代美術館 他)

2004年
「21世紀の出会い−共鳴、ここ・から」(金沢21世紀美術館)
「木村伊兵衛展」(朝日新聞社/東京国立近代美術館)
「フィレンツェ−芸術都市の誕生」(日本経済新聞社/東京都美術館 他)
「HANGA 東西交流の波」(東京新聞/東京藝術大学大学美術館 他)
「牛腸茂夫作品集成」(共同通信社/新潟市美術館 他)
「エミール・ノルデ」(東京新聞/栃木県立美術館 他)
「聖杯−中世の金工美術」(国立西洋美術館 他)
「ヴァチカン美術館所蔵 古代ローマ彫刻展」(NHK 他/国立西洋美術館)
「小林孝亘−終わらない夏」(目黒区美術館)
「20世紀版画芸術の精華」(群馬県立館林美術館)

2003年
「中村桂子 作品集 1992-2004」(財団法人 五島記念文化財団/ガレリア・グラフィカ 他)
「ミューザ川崎アートワーク」
「世田谷美術展 2004」(世田谷美術館)
「フリーダ・カーロとその時代」(東京新聞 他/Bunkamura ザ・ミュージアム 他)
「竹の造形 ロイド・コッツツェン・コレクション展」(日本経済新聞社/大分市美術館 他)
「牛腸茂夫展」(東京国立近代美術館)
「青木繁と近代日本のロマンティズム」(日本経済新聞社 他/東京国立近代美術館 他)
「マリー・ローランサン 1883-1956」(共同通信社 他/東京都庭園美術館 他)
「《地獄の門》免震化工事と彫刻の保存」(国立西洋美術館)
「ヴォルフガング・ライプ展」(東京国立近代美術館 他)
「アーヴィング・ペン写真展」(ウイルデンスタイン東京)
「田崎未満展−海・空・動・光−」(東京銀座画廊美術館)
「開設30周年記念 フォンテーヌブロー派展」(ウイルデンスタイン東京)
「戸出喜信油絵展」(日本橋三越本店)

2002年
「アドルフ・ゴッドリーブ展」(ウイルデンスタイン東京)
「We Love Painting ミスミコレクションによる現代アメリカ美術」(東京都現代美術館)
「脇田 和 展」(世田谷美術館)
「チャペック兄弟とチェコ・アヴァンギャルド」(神奈川県立近代美術館 他)
「ミロ展 1918-1945」(東京新聞 他/世田谷美術館 他)
「ゴッホ展」(北海道新聞社 他/北海道立近代美術館 他)
「生活の中の版画 民衆版画展」(町田市立国際版画美術館)
「特別展示 木村忠太」(群馬県立近代美術館)
「不思議がいっぱい 紙のワンダーランド」(群馬県立館林美術館)
「眠り/夢/覚醒」(川村記念美術館)
「『生活』を『芸術』として 西村伊作の世界」(西村伊作の世界展実行委員会 他/神奈川県立近代美術館 他)
「カンディスキー展」(NHK 他/東京国立近代美術館 他)
「VOCA展2002 現代美術の展望−新しい平面の作家たち」(「VOCA展」実行委員会/上野の森美術館)
「大英博物館所蔵フランス素描展 フォンテーヌブローからヴェルサイユへ」(東京新聞 他/国立西洋美術館 他)
「クラーク財団 日本美術コレクション アメリカから来た日本」(日本経済新聞社 他/サントリー美術館 他)
「ニルス=ウド−自然へ」(共同通信社 他/群馬県立館林美術館 他)
「日芸美術展−日本大学芸術学部 美術学科専任教職員による作品展」(日本大学芸術学部芸術資料館、美術学科)
「our airplanes」(JAS)
「イタリア・ルネサンス三大巨匠素描展 レオナルド、ミケランジェロ、ラファエロとその流派」(イタリア・ルネッサンス素描展実行委員会 他/芸術の森美術館)
「森万里子 ピュアランド」(東京都現代美術館)

2001年
「ウイーン分離派 1898-1918」(東京新聞・河北新報社 他/宮城県美術館 他)
「奔る女たち 女性画家の戦前・戦後 1930-1950年代」(栃木県立美術館)
「ジム・ダイン展」(ウイルデンスタイン東京)
「そりのあるかたち 退官記念 澄川喜一展」(東京藝術大学大学美術館)
「生誕100年 村山知義[肖像画]展」(第一生命保険相互会社)
「ヴァンジ彫刻庭園美術館」
「オペラと美しき女性たち展 ルネセンスからローマのオペラへ」(NHKプロモーション 他)
「20世紀イタリア美術」(日本経済新聞社 他/東京都現代美術館)
「キンゼイコレクション 現代根付」(千葉市美術館)
「瀧口修造の造形的実験」(北日本新聞社 他/富山県立近代美術館 他)
「ミレー 心の旅」(メルシャン軽井沢美術館)
「アンソール版画展」(東京新聞 他/足利市立美術館 他)
「アトゥール・ドディヤ展 ボンベイ:迷宮/実験室」(国際交流基金アジアンセンター)
「イタリア静物画展 シルヴァーノ・ローディ・コレクション」(日本テレビ 他/安田火災東郷青児美術館 他)
「絵画レッスン 阿以田治修のモダニスト・ペインティング」(栃木県立美術館)
「VOCA展2001現代美術の展望−新しい平面の作家たち」(「VOCA展」実行委員会/上野の森美術館)
「イスラエル美術の近代」(美術館連絡協議会 他/神奈川県立近代美術館)

2000年
「戸出喜信油絵展」(日本橋三越本店)
「デ・キリコ展」(日本経済新聞社 他/Bunkamura ザ・ミュージアム 他)
「視線を超えて−描かれた文字と音楽」(草月美術館)
「ヘリ・ドノ展 映しだされるインドネシア」(国際交流基金フォーラム)
「マッキントッシュとグラスゴー・スタイル」(東京新聞 他/伊勢丹美術館 他)
「細江英公の写真 1950-2000」(共同通信社 他/渋谷区松濤美術館 他)
「マティス、その原点」(メルシャン軽井沢美術館)
「[微空]へのアプローチ 米林雄一展」(北國新聞社 他/富山県立近代美術館)
「北杜夫展」(世田谷文学館)
「突き上げる創造力 アール・ブリュット=生の芸術展」(メルシャン軽井沢美術館)
「田中恭吉展」(NHKきんきメディアプラン 他/和歌山県立近代美術館 他)
「レンブラント、フェルメールとその時代」(東京新聞 他/国立西洋美術館 他)
「日本画の100年」(東京新聞 他/東京藝術大学大学美術館)
「美の扉−ピカソ、マティスからステラ、ボイスまで」(朝日新聞/川村記念美術館)
「VOCA展2000 現代美術の展望−新しい平面の作家たち」(「VOCA展」実行委員会/上野の森美術館)
「予兆:アジアの映像芸術展」(国際交流基金アジアンセンター)

1999年
「ロダンの水彩画とデッサン展」(静岡県立美術館)
「瀧口修造と武満徹展」(世田谷文学館)
「ハーバード大学コレクション展」(日本経済新聞社/Bunkamura ザ・ミュージアム)
「山中湖文学の森 三島由紀夫文学館開館記念展」(三島由紀夫文学館)
「戸出喜信油絵展」(富山県民会館美術館)
「レメディオス・バロ展」(東京新聞 他/伊勢丹美術館 他)
「世田谷美術展 2000」(世田谷美術館)
「石内都 モノクローム−時の器」(東京国立近代美術館)
「国際シンポジウム 1999『アジアの美術:未来への視点』報告書」(国際交流基金アジアンセンター)
「メディテーション−真昼の瞑想 90年代の日本の美術」(栃木県立美術館)
「遠藤周作展」(世田谷文学館)
「パリ、プティ・パレ美術館展」(フジテレビジョン)
「東アジア/絵画の近代−油絵の誕生とその展開」(美術館連絡協議会 他/静岡県立美術館 他)
「ルノワール展」(川村記念美術館 他)
「島根県立美術館コレクション選」(島根県立美術館)
「VOCA展'99 『現代美術の展望−新しい平面の作家たち」』(「VOCA展」実行委員会/上野の森美術館)
「大辻清司写真実験室」(東京国立近代美術館)
「ホイッスラーからウォーホールまで−版画に見るアメリカ美術の100年」(北海道立函館美術館 他)

1998年
「挑発する器とその作家たち−草月美術館コレクション展」(草月美術館)
「ロダン展」(現代彫刻センター 他/高松市美術館 他)
「ジョエル=ピーター・ウィトキン写真展」(ウイルデンスタイン東京)
「薩摩治郎八と巴里の日本人画家たち」(共同通信社 他/徳島県立美術館 他)
「インド現代美術展 神話を紡ぐ作家たち」(国際交流基金アジアセンター)
「アルトゥング展」(愛知県美術館)
「シルクロードのかざり 中央アジアとコーカサスの美術」(美術館連絡協議会 他/千葉市美術館 他)
「ウィットワース美術館所蔵 ターナーと英国水彩画展」(郡山市立美術館)
「ヴェナンツォ・クロチェッティ展」(美術館連絡協議会 他/横浜美術館 他)
「所蔵作品による 20世紀の “線描”−〈生成〉と〈差異〉」(東京国立近代美術館)
「石に描く−石版画の200年 ゼネフェルダーからピカソまで」(町田市立国際版画美術館 他)
「リキテンスタイン展 版画の宇宙 1948-1997」(東京新聞 他/川村記念美術館 他)
「戸出喜信油絵展」(日本橋三越本店)

1997年
「モンドリアン展」(東京新聞 他/Bunkamura ザ・ミュージアム 他)
「日本近代文学館 創立35周年・開館30周年記念碑 時を超えて−漱石、芥川、川端」(日本近代文学館 他/伊勢丹美術館)
「ビアズリーと世紀末展」(東京新聞/伊勢丹美術館 他)
「ルイーズ・ブルジョワ展」(横浜美術館)
「レオノーラ・キャリントン展」(東京新聞 他/東京ステーションギャラリー 他)
「日本の夏−1960-64」(水戸芸術館現代美術センター)
「ギルバート&ジョージ」(セゾン美術館)
「揺れる女/揺らぐイメージ(栃木県立美術館)
「フランソワ・ルーアン展」(セゾン美術館 他)
「アーヴィング・ペン自選展」(ウイルデンスタイン東京)
「自然の美・生活の美−ジョン・ラスキンと近代日本展」(自然の美・生活の美展実行委員会 他/神奈川県立近代美術館 他)
「遥かなるエジプト展 古代人の生活を探る」(和歌山県立博物館 他)
「水戸アニュアル’97 しなやかな共生」(水戸芸術館現代美術センター)
「光と闇 華麗なるバロック絵画展」(東京新聞 他/平塚市美術館 他)
「ムンク展」(NHK 他/世田谷美術館)
「宇都宮美術館開館記念 20世紀美術の冒険」(宇都宮美術館 他)
「萬鐵五郎展」(東京国立近代美術館 他)
「バーナード・リーチ展」(東京新聞 他/小田急美術館 他)

1996年
「ベルギー象徴主義の巨匠展」(高知新聞社 他/高知県立美術館 他)
「アントニー・ゴームリー」(美術館連絡協議会 他/神奈川県立近代美術館 他)
「カンディスキー&ミュンター 1901-1917」(河北新報社 他/宮城県美術館 他)
「安部公房写真展」(ウイルデンスタイン東京)
「芸術と素朴」(世田谷美術館)
「90年代の韓国美術から−等身大の物語」(東京国立近代美術館 他)
「祝福された四季 近世日本絵画の諸相」(日本経済新聞社/千葉市美術館)
「バイエラーのまなざし:印象派から現代へ・美の系譜100年」(北海道立近代美術館)
「カミーユ・クローデル」(東京新聞 他/Bunkamura ザ・ミュージアム 他)
「抽象表現主義展 アメリカ現代絵画の黄金期」(東京新聞 他/セゾン美術館 他)
「1953年 ライトアップ 新しい戦後美術像が見えてきた」(多摩美術大学 他/目黒区美術館)
「ダニエル・ビュレンヌ 透きとおった光」(水戸芸術館現代美術センター)
「モンゴル秘宝展 チンギス・ハーンと草原の記憶」(日本経済新聞社 他/伊勢丹美術館 他)

1995年
「クロッシング・スピリッツ——カナダ現代美術」展(世田谷美術館/京都国立近代美術館 他)
「抽象表現主義」展(フジテレビジョン/東京国立近代美術館)
「VOCA展 ’95」(上野の森美術館)
「モネ〈睡蓮〉と今日:ルイ・カーヌ」展(川村記念美術館/北海道立近代美術館 他)
「フランツ・ゲルチュ」展(愛知県美術館)
「こころの領域」展(水戸芸術館)

1994年
「デイヴィッド・スミス」展(淡交社/セゾン美術館 他)
「フランク・ステラ」展(淡交社/川村記念美術館)
「死にいたる美術」展(栃木県立美術館/町田市立国際版画美術館)
「ジェニー・ホルツァー」展(淡交社/水戸芸術館)
「マックス・エルンスト彫刻」展(現代彫刻センター)
「視覚の魔術」展(東京新聞/伊勢丹美術館 他)
「島岡達三」展(栃木県立美術館)
トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。